管理

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| HOME |

 ○●○第三章●○●

バレンタインデーが誕生日…か。
ふーん。
別に、あたしにはそんなの関係ないし!

キーンコーン…

あっと言う間に
大好きなお弁当の時間!!

学校にはこの時間を過ごす為だけに来てると思う。笑

「みか~~~んッ!!」
「あっ、桃花。」
「早くお弁当食べよっ♪」
「待たされてたのあたしだし~。」
「あはッ☆そっか!!」

「この屋上、ホンマに全ッ然人こんなあ!」

桃花・・・またそんなこと言ってー。
それが良くてこの寒い中わざわざ屋上で食べてるんでしょ?

返事はしなかった。
桃花だって、答えを求めて言ったんじゃないと思うから。
ココロで、「誰も来ないから、ずっと2人でこの時間を過ごそうね?」って
2人とも思ってたはずだから。

お弁当を食べ終わったら、2人頭を寄せ合って仰向けになる。
そして、黙って空を見るの。

たまに、気持が良すぎて午後の授業サボッちゃうけどね!


コツ、コツ
思わずバッと2人とも起き上がる。
・・・足音がする。

一体…誰なの?

ガラッ。

「あれっ先客がいるー♪」
「・・・どちらさん??」
桃花が丸い目をして聞く。
「えッ!!僕のこと知らんのー?ショックやなあ↓学校では有名なほーやと思てたのにぃー!」

桃花と一緒の関西弁。
でも、なんか変に訛ってる…
今の一瞬で、あたしの脳みそがこの人は苦手なタイプに振り分けした。
しかも、今時「僕」かい。

「僕、2年1組の『白衣 衛(はくい まもる)』っちゅーもんです!よろしゅうな!」

クリクリの頭を、さらに自分の手でクリクリしながら言う。
こいつの脳内ハンドルネームは「クリクリ野郎」で決定だな、と この時思った。

桃花は誰とでも余裕で喋れることで有名なくらいなので、
突然の登場人物も迷わず受け止めた。

「うん!ウチは桃花!よろしくねー…んっと、白衣…くん?」
「桃花ちゃんな!僕はマモルでええで!」
「マモルくんね!あ、ウチのことは呼び捨てでいいで~!」

さっそく、うちとけてる2人をただただ見てることしかできなかった。

「ほら、みかんも挨拶!」
「あッ、えっと!クッ…(じゃなくて)マモル・・・くん。」
「君、名前は?」
「・・・みかんです。」
「みかんちゃんか。かわいい名前やなあ~!どんな漢字書くん??」
「ひらがなです。」
「あっ…そうなんや~。」

微妙な沈黙。

人見知りの激しい私に急な登場人物(クリクリ野郎)は、ちょっと刺激が強すぎたようだった。

コツ、コツ…
また階段のほうから足音が聞こえる。

また急な登場人物が現れるのだろうか、と思うと
あたしの気持ちは「めんどくさい」のゴールに向かって走って行くばかりだった。


第四章に続きます。
スポンサーサイト
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする!


内緒にする?
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| HOME |

ぷろふぃ

無題1
★まこぽそ
周りの影響でヲタ化した平凡な女子である。
バスケ部でひたすら走ってます。
絵はポップン風にしたかったのに(ノД`。)

○別館○


↑CLICK☆

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。